PS3で3D立体視ゲームを遊ぼう

せっかくの3Dテレビ、ブルーレイ3Dの視聴だけじゃなくゲームも遊べますよ😄✌️3D Compatible Game

Oculus Go (オキュラスゴー) × DMMアプリでR18(アダルト)のVR専用映像を見る

目次

 

最初に書いておきますが、当面はメモ代わりの暫定記事となり、正式記事はしばらく後になります。

ちょっと、佐々波綾さんの作品のことで気になるというか不安なことがわかったので、とりあえずそっちメインで。

 

Oculus Go メインでVR映像を見る計画だったのですが、上下の視野が狭すぎ

f:id:gamerhide:20190413011137j:plain

2019年1月に、FANZA(DMM)のHQ(ハイクオリティー)映像を見るべく購入したOculus Go、映像面に関してPSVRを下回るような事は無いだろうから、今後はHQ & Oculus Go メインでのVR生活になるだろうと期待していました。

以前にOculus Go の記事で書いた通り、不良による返品で現在は手元にありませんが、仮に正常品だったとしても、表題に書いた上下の視野が狭すぎるのが個人的には大きなマイナス点で、おそらくOculus Go ではなくPSVRメインでの視聴になったと思います。

Oculus Go の開封記事はこちら ↓

gamerhide.hatenablog.com

 

ちなみに、2019年の2月ごろから、PSVRでもHQ映像が公式対応となりましたが、PSVR自体が低解像の画面なので、映像の解像度は従来のままだと思われます。

たぶん、60fpsのみ対応しているんじゃないかなという感じで、実際に見比べても映像の解像度ではOculus Go の方が明らかに綺麗で、差がありました。

 

VR映像を見た時の評価を、各項目それぞれ5点満点で点数付けしてみたいと思います。

 

・映像の綺麗さ : 5点

HQ映像に関しては、間違いなくPSVRより綺麗。

ドットを感じたり輪郭などがモヤっと見える場合があるPSVRに対して、Oculus Go は安定して高解像度で、現実感がさらにUP!

 

・視野の広さ : 1点

PSVRと比べて、左右の視野は9割くらいの広さでほぼ同等ですが、上下の視野はPSVR比で6割程度しかないように感じました😱狭い!

視野と言えば一般的には横方向が重要だと思いますが、正面の1人の女性を見ることが大半のエロ映像に限れば、圧倒的に縦方向の視野が重要になります。

例えば、騎乗位でやや前傾姿勢の女性を見る際、PSVRなら頭上から股間まで視野に入っているので、いま良さそうな顔をしたなと思ったら上方に注目し、この突きの感じを見ていたいなと思ったら下方に注目するという感じで、両方を視野に入れた上で自分好みの方を選んで注目することが可能です。

ざっくり言えば、現実と同様の感覚で見ることができます。

一方Oculus Go の場合、上下の視界がかなり狭いので、顔と股間を同時に視野に入れることができません。

視野の広さとしては、自分の両手の指をくっつけて楕円形を作り、その楕円形をゴーグルに見立てて目の前に置いて覗き見える範囲が、おおよそのOculus Go の視野となります。

視野に入れた上で注目することができないので、上記の例のような騎乗位を見る際、顔か股間のどちらか一方に賭けで注目して見るしかありません。

両方見ようと思ったら頻繁に首を上下に動かすしかなく、この行為があまりに現実離れで不自然なので、目の前で実物を見ているというより、壁の大きな穴から覗き見している感覚になります。

そして何より、良いシーンを見逃す確率が大幅アップします😱

1点という評価点は厳しめで、2点にしても良いのですが、想定外の大きなマイナスポイントだったので止む無し。

 

・バイノーラル(音響効果) : 4点

イヤホン無しでの視聴なので期待してませんでしたが、しっかりバイノーラルを体感できます。

PSVR+イヤホンほどではありませんが、耳に何か入れる事なくこの効果は立派!

評価点はバイノーラル効果のみを対象にしているため、点数としてはPSVRの方が高い評価としていますが、耳に何か入れなくて良いという快適・お手軽さを重視するなら、音の総合評価としてはOculus Go の方が上という言い方もできます😁

 

・操作性 : 2点

ポインタを頻繁に見失う上に、DMMアプリ自体がこのリモコンに全く最適化されてない。

映像再生したままで、コントローラのボタンを押すだけでスキップや軸直しの操作ができる(当たり前の操作ですが)PSVRに対して、Oculus Go は映像を一時停止して、表示された操作画面にポインタを合わせることでしか操作できない。(再生したままでの操作不可)

しかも一時停止中の操作画面はわずか3秒ほどで消えてしまいます。

これはタブレットなどでDMMの2D映像を見る時と全く同じ仕様で、要は2Dでの操作系統をそのままOculus Go に持ってきただけ。

3秒で消えるのが問題なのは、ポインタを頻繁に見失う事とのコンボで、操作する前に操作画面が消えてしまうんですよね💢💢

 

↓ 下の写真は2D作品をタブレットで見たものなので、実物ではなくイメージ写真ですが、Oculus Go でもほぼ同じ画面です。(軸直しも操作画面でのみ可能)

映像を一時停止して、ポインタを各種スキップの箇所に合わせることになります。

f:id:gamerhide:20190419221831p:plain

さらに、VR映像はそもそも3D表示なのですが、一時停止中は2Dの表示に変換されるため極めて不快で見にくい。

PS4コントローラでの操作の方が、はるかに快適。

慣れればギリ2点、慣れないうちは1点レベルのクソ操作性😱

f:id:gamerhide:20190125121243j:plain

 

装着感 : 3点

スマホ用のVRゴーグルと大差ないと思われます。

一部がゴム状に伸びる柔らかめの素材のバンドを、後頭部に引っ掛ける感じで、安っぽいですがそこそこ安定してます。

鼻の下が大きく開いている形状は、自分で工夫して覆うか、オプションパーツ購入の検討が必要。

 

視聴姿勢の自由度 : 3点

上記の装着感との関係もありますが、本体の頭へのホールドが弱いため、私の場合は下を向く時に、ゴーグルを手で押さえながらでないと微妙に位置がズレてしまう場合がありました。

バッテリー容量も少ないため、PSVRと比べて大幅に有利とは言えない結果に。

ただし、以前に購入して未視聴ですがトイレでプレイする作品があり、トイレでの視聴推奨となっています。

このような特定の視聴場所を推奨する作品の場合は、Oculus Go でしか見られないため、作品との組み合わせ次第では非常に有利な点となります。

 

価格:5点

32GB版なら25000円以下、64GB版なら3万前半。

対してPS4 500GB版は2万後半に加え、3万前半のPSVRを接続する必要あり。

PS4本体をゲーム用で既に持っているかどうかでコストは大きく異なりますが、Oculus Go が30000円、PSVR一式が60000円と考えれば、Oculus Go の方が圧倒的に高コスパ😁

 

まとめ : 個人的な総合評価は、PSVRの方が少し上という評価となりました。

参考値としてPSVRの得点を付けるなら、映像4点、視野4点、バイノーラル5点、操作性4点、装着感4点、視聴姿勢の自由度2点、価格3点。

ただし、付属のデュアルショック4だとL2とR2のトリガーが下に出っ張っていて、置いた状態で操作するとL2とR2のスキップ操作が誤発動してしまいます。

デュアルショック4だと3点の操作性ですが、私はトリガーが出っ張っていないコントローラをVR視聴用に買ったので、操作性は1点アップ😅

 

Oculus Go は高コスパなのですが、それはPSVRに対してはそうであっても、スマホと比べたらどうなの?という話になってきます。

スマホとの最大の差別化になるはずだったリモコンの操作性が、あのレベルではね。

バイノーラルは立派ですが、今回は未検証のイヤホンを使うということになればスマホと大差なくなる気もしますし。

 

 

 

トップ女優だった佐々波綾さんの映像が今後見られなくなるかも 

話は大きく変わりますが、つい先日、 たまたま佐々波綾さんのDVDを検索をしようと思ったら名前では1件もヒットせず、おかしいなと思ってネット情報を漁ったところ、DMMをはじめ他でも購入できなくなってる作品が多数あるとのこと。

2018年半ばに引退した女優さんで、特にVRの世界ではナンバーワン女優の呼び声高く、顔の美形さ・演技力の高さ・VRの理解度、全てが一級品の貴重な女優さんでした👍

私の購入した230以上のVR作品を改めて確認したところ、出演作は12作品もあり、おそらく一番多く購入した女優さんではないかと。(複数女優出演作や、HHHのように出演女優名が正式にクレジットされていない作品も含みます。)

 

で、問題はここから、なぜ購入できなくなっているのか。

これに関して正式に発表されることは今後も無いと思われるので、あくまでも推測の域を出ませんが、数ヶ月前に調べたことで参考になることがありました。

7〜8年前に活躍した元AKBのトップAV女優である「やまぐちりこ」さん、彼女の作品も現在DMMでは全く取り扱いがありません。

数年前にアダルト業界への風当たりが強くなった際に、発売から5年経過した作品は、女優さんが希望すれば全て販売停止にできるよう法整備がされたそうです。

女優さんが望めば作品の販売や配信が停止できるということで、やまぐちさんも佐々波さんも女優発信での停止措置だと推測されています。

ただし、やまぐちさんの作品は2019年現在では全て5年以上経過しているのに対し、2018年後半まで作品が発売されていた佐々波さんとでは、ちょっと状況が異なります。

 

一番の問題点というか気になるのは、購入済みの映像が今後も見られるのかという点です。

さらに問題を大きくしかねないのは、VR映像はPSVRで見ている人が圧倒的多数で、PSVRは映像保存不可、ストリーミングのみの視聴という仕様にあります。

メーカーが配信停止すれば、今すぐにでも視聴不可となる可能性があるからです。

私の購入した12作品は大丈夫かなと思って再生確認して見たところ、2019年4月12日現在では全て再生可能でした。

12作品のうち6作品は全く一度も見ていないんでね💦💦

もし見られなかったら大ショックだよ。(というか、購入した230以上の作品も半分はまだ未見💦)

 

ホッとして、念のため購入もできるかなと思って調べると、恐ろしいことに😱

普通は、この写真 ↓ の左にあるように、購入した作品は「無期限」の文字が縦に3つ並んでます。

f:id:gamerhide:20190413030751p:plain

SODの作品は購入不可になってました ↓

f:id:gamerhide:20190413031426p:plain

いつの間にかストリーミング期限が設定されてる・・・一瞬PSVRで見られないんじゃ無いかと思わせる表記ですが、今のところはPSVRでも視聴OKでした😌

つーか、よく見たら購入後たった2ヶ月後の期限設定って、購入した時にこんな表記は無かったはずだし、この期限が販売停止日を意味しているなら、結果的に停止直前の購入だったわけか💨

視聴した100以上の作品中、トップ10には入る良作なので買っておいて良かった😅

写真がエロかったので載せませんが、4姉妹設定というSOD作品も購入不可になってました。

4人のうちの1人という、限られた出演でも問答無用の配信停止とは😱

ワンズ作品も購入不可ですね ↓

f:id:gamerhide:20190413032552p:plain

SODとは期限日が違うので、各社の自主判断での停止でしょう。

HHH(お夜食)も購入不可に ↓

f:id:gamerhide:20190413033307p:plain

HHH作品は出演女優名が公表されていないのですが、だから停止にならないなんていう子供騙しは通じないか😥

 

現在は購入可能なタイトルでも、「佐々波綾」という名前の表記は完全に抹消されているため、名前の検索では購入ページにたどり着けません。

Wikipediaなどで各タイトルを確認してから、DMM(FANZA)内でタイトル検索するしかないですね。

私の購入した12作品中、販売停止は5作品でした😱

つーか、最大手のKMP以外はガンガン消してるな😱😱

2018年末時点で既に消していたのなら、発売して1年も経っていない作品を次々と無かったことにしているわけで、ちょっと怖さすら感じます😱😱😱


 

 

今後購入するVR機器を考えてみる

発売後5年過ぎてない作品でもガンガン消されてる現状を見るに、これはローカル保存できるVR機器を早めに購入せねばと、焦ってます💦💦

見られなく可能性があるかもしれないのは、販売停止に強制力のある発売5年後、2023年ごろだと勝手に推測しています。

推測というか、もはや妄想レベルですが、そもそもローカル保存すれば大丈夫という保証もありません。

この辺りは、上記のやまぐちりこさんの配信作品がどうなったかを調べればわかるのかもしれませんが、私はアダルトに特に詳しくないので、その辺の情報にはたどり着けませんでした💦

 

とは言え、保存しておけば安心感が高まるので、2022年までにローカル保存できるVR機器を最低2つは用意して、佐々波綾さんの作品を全保存したいなと😅

12作品は128GBの容量があればギリ全保存可能だと思われるので、1つ目はAndroidスマホ+128GBのMicro SDカードですかね。

(128GBだとちょっと足りないかもしれませんが、最悪の場合は、お夜食やSOD4姉妹で佐々波さんの出演パートだけ抜粋で切り抜けられるかと。SDカードは値下がりまくっていて256GBでも5000円で買える時代なので、SDカードが使えれば保存に不安無し!)

快適にVR再生可能なのは、iPhone6クラス以上の性能のスマホとなりますが、DMMのVR対応機種が公式発表されているのはiPhoneだけで、Androidスマホは同等の性能があれば多分再生できるんじゃね?程度の扱いなのでチョイ困ります💦

(ちなみに、HQも再生したければiPhone7以上)

iPhone6クラスって、2019年初旬の格安スマホから見たら意外とまだ高嶺の花なので、どのタイミングでいくら出すか迷いどころですね😅

 

2つ目は後継機種のOculus Quest (オキュラスクエスト)でしょうか。

検証したOculus Go は、メモリ64GB版までしか発売されてなく、SDカードの追加も不可なので、佐々波綾さんの作品保存という視点だけで考えても容量不足であり、再度買い直すことは無いでしょうね。

VR作品を見始めた頃は、いずれ性能高めのパソコンとVR機器を買って、より良い視聴環境プラス作品全保存するぞと考えていたものですが、やや熱が冷めた現在では、20万程度はかかると思われるパソコンでのVR視聴には消極的になってしまいました💦

先日まではOculus Quest はスルー予定でしたが、半年〜1年以内には国内販売も開始されそうだし、6万程度でたぶん128GB版が買えそうな感じなので、目下の最有力機器となりました。(正式にはまだ何も発表されてません)

Oculus Questでの懸念は、Goで残念だった上下の視野の狭さがどうなるのかという点ですね。

そもそも視野の広さは、機器のスペック情報からは何も判断できないし、同じように視野が狭い可能性も大いにあります。

視野の広さがわかる数値・情報ってあるんですかね?

あれば是非教えていただきたいものです。

 

 

いつ視聴停止がくるかもわからないので、今月中には佐々波綾さんの未見6作品は全て見てしまおうと思います。

また、視聴済みの作品も良いシーンはもう一度見ておこうかな😅

令和が来る前にOculus Go の記事は書き上げようと思ってましたが、平成の最後は佐々波綾さん一色になることが決定しましたよ😍

 

 

TOPページ

PS3で3D立体視ゲームを遊ぼう

記事一覧 

記事一覧 - PS3で3D立体視ゲームを遊ぼう